HOME事業目的事例集 > 事業目的事例「と」

事業目的事例集

このページでは、株式会社や合同会社等の「事業目的」の具体的な文言「と」(五十音順)について紹介しています。

従前より株式会社や合同会社等の事業目的には「営利性」「明確性」「具体性」「適法性」が必要であるとされていました。

会社法施行後は、大幅に緩和され、とくに「具体性」については、登記官による審査は行われないことになりました。 しかし「営利性」「明確性」「適法性」については審査が行われますので、注意が必要です。(あらかじめ管轄法務局で確認をしておく必要があります。)

西本社労士・行政書士事務所では、全国の株式会社の電子定款認証をサポートしています。

株式会社の電子定款認証をお考えの方! お気軽にご相談下さい!
(電子定款認証の代行のみのご依頼も歓迎致します! → 電子定款認証代行コース

事業目的事例「と」

ここでは、弊事務所で「定款作成」「定款認証」を行った際に、登記上、特に問題がなかったものを紹介しています。ただし、その可否を保障するものではありませんので、ご注意ください。

事業目的事例「と」
  • 陶芸教室の運営
  • 陶芸・アートフラワー等の販売
  • 動産及び不動産の売買、賃貸及び仲介業
  • 動産及び不動産のリース業
  • 投資顧問業務
  • 投資顧問業及び貸金業
  • 投資に関する情報提供及びコンサルティング業務
  • 動物、植物の飼育及び販売
  • 特別養護老人ホームの運営
  • 時計・宝石・貴金属等の販売
  • 時計の修理業務
  • 塗装工事業
  • 図書の編集及び出版
  • 図書、印刷物の企画及び制作
  • 土地、建物の管理業務
  • 土地、建物の売買、仲介、斡旋及び管理業務
  • 土地建物取引業
  • とび・土工・コンクリート工事業
  • とび・土工・左官工事業
  • 土木一式工事業
  • 土木資材の製造及び販売
  • ドメイン名の取得代行及び管理業務
  • ドライフラワー、生花の販売
  • ドラッグストアの経営
           
     を     ん 

許認可を必要とする事業について

許認可を必要とする事業については、定款の「目的」の文言が指定されているものもあります。
法務局での登記申請では問題がなくとも、許認可を申請する際に不可とされる場合がありますので、許認可を必要とする事業については、事前に各許認可庁でご確認下さい。

株式会社・合同会社の電子定款をサポートします!

西本社労士・行政書士事務所では、お客様のご希望・ご要望にできる限り対応させて頂けるよう
株式会社・合同会社の電子定款について、
株式会社 電子定款認証代行(電子認証代行コース − 9,800円)全国対応」
合同会社 電子定款への変換代行(電子定款Bコース − 6,800円)全国対応」など
それぞれ2つ のサポート・メニューを用意しております。

株式会社・合同会社の電子定款をお考えの方、お気軽にご相談下さい!
(合資会社・合名会社についても合同会社と同価格で対応させて頂きます。)

株式会社・合同会社−電子定款

対応地域・費用・報酬額はこちら

サイト内検索(こちらから当サイト内の検索ができます。)

Copyright © 西本社労士・行政書士事務所. All Right Reserved.