HOME古物商営業許可TOP > 古物営業とは?

古物商営業許可

このページでは、古物商営業許可について解説しています。

西本社労士・行政書士事務所では、古物商営業許可申請をサポートしています。

兵庫・大阪で古物商営業許可申請をお考えの方、お気軽にご相談下さい!

古物商営業許可−対応地域・費用はこちら → 古物商営業許可−対応地域・費用

古物営業とは?

古物営業法では、古物営業 とは次のものをいいます。

  1. 古物を売買し、もしくは交換し、または委託を受けて売買し、もしくは交換する営業であって、古物を売却することまたは自己が売却した物品を当該売却の相手方から買い受けることのみを行うもの以外のもの 1号営業
  2. 古物市場(古物商間の古物の売買または交換のための市場をいう。)を経営する営業
    2号営業
  3. 古物の売買をしようとする者のあっせんを「競り」の方法(政令で定める電子情報処理組織を使用する競りの方法その他の政令で定めるものに限る。)により行う営業 
    3号営業
     

1号営業(古物商)… リサイクルショップ

1号営業(古物商)は、具体的には次のような営業を行うことをいいます。

  1. 古物の売買、交換をする営業
  2. 古物の売買、交換を他人の委託を受けて行う営業

ただし次の場合は除かれます。

  • 古物の買い取りを行わずに、古物の売却のみを行う営業
  • 自分が売却した物品をその売却した相手から買い受けることのみを行う営業

いわゆるリサイクルショップ等が、この1号営業(古物商)に該当します。

許可が必要

古物商(1号営業)を営もうとする方は、営業所(営業所のない方は、住所又は居所)が所在する都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。

営業所が2県にまたがる場合は、2県それぞれの公安委員会の許可が必要です。
 

2号営業(古物市場主)

古物商間の古物の売買または交換のための市場(古物市場)を経営する営業

許可が必要

古物市場(2号営業)を営もうとする方は、古物市場が所在する都道府県公安委員会の許可を受けなければなりません。

古物市場が2県にまたがる場合は、2県それぞれの公安委員会の許可が必要です。
 

3号営業(古物競りあっせん業者 − インターネット・オークション)

古物の売買をしようとする者のあっせんを「インターネットによる『競り』(オークション)」の方法で行う営業のことで、いわゆるインターネット・オークションがこれに該当します。

(注) 3号営業(古物競りあっせん業者)は、いわゆるインターネット・オークションの
   システムを提供し、出品者や落札者から手数料を徴収する営業をいいます。
   インターネット・オークションに出品することではありません。

届出が必要

古物競りあっせん業(3号営業)を営む方は、営業開始の日から2週間以内に、営業の本拠となる事務所(このような事務所を設けていない場合は、住所又は居所)の所在地を管轄する公安委員会に届出をしなければなりません。
 

古物商営業許可申請をサポートします!

西本社労士・行政書士事務所では、古物商営業許可申請をサポートしております。

兵庫県・大阪市で古物商営業許可・リサイクルショップ開業をお考えの方、
お気軽にご相談下さい!

古物商営業許可申請−対応地域
兵庫県 神戸市(垂水区・須磨区・西区・長田区・中央区・兵庫区・灘区・東灘区・北区)
芦屋市 西宮市 尼崎市 宝塚市 伊丹市 川西市 明石市 三木市 加古川市
姫路市 小野市 三田市 高砂市 稲美町 播磨町 加西市 加東市 西脇市
多可町 神河町 市川町 福崎町 たつの市 太子町 猪名川町など
大阪府 大阪市内など

 

古物商営業許可申請

費用・報酬額はこちら

サイト内検索(こちらから当サイト内の検索ができます。)

Copyright © 西本社労士・行政書士事務所. All Right Reserved.