HOME健康保険・厚生年金保険の手続き
> 任意適用事業所が任意適用の取消をしようとするとき

労働保険・社会保険の手続き

このページでは、社会保険(健康保険・厚生年金保険)について
「任意適用事業所が任意適用の取消をしようとするとき」の手続きについて解説しています。

任意適用事業所が任意適用の取消をしようとするとき

健康保険・厚生年金保険の適用事業所が、任意適用事業所が任意適用の取消をしようとする場合、事実発生から5日以内に届け出なければなりません。

健康保険・厚生年金保険 任意適用取消申請書

この届出は、任意適用事業所が任意適用の取消をしようとする場合、事実発生から5日以内に事業主が行います。

任意適用事業所が任意適用の取消をしようとするとき
書式名 健康保険・厚生年金保険 任意適用取消申請書(pdf) (excel)
提出時期 事実発生から5日以内
届出先 事業所の所在地を管轄する年金事務所
添付書類 被保険者の4分の3以上の同意を得たことを証する書類
健康保険・厚生年金保険 任意適用取消申請書‐記入例

労働保険・社会保険の各種手続き、労務管理をサポートします!

西本社労士・行政書士事務所では、神戸・明石を中心に労働保険・社会保険等の各種手続き、
労務管理のサポートしております。

神戸・明石・三木・加古川近郊の事業者様、お気軽にご相談下さい!

社会保険労務士・個別(スポット)業務−対応地域
兵庫県 神戸市(垂水区・須磨区・長田区・兵庫区・中央区・灘区・東灘区・西区)
芦屋市 明石市 三木市 加古川市 稲美町 播磨町 など

※ 上記以外の地域でも近郊の方は、お問合せください。

 

社会保険労務士 ‐ 顧問業務・個別(スポット)業務

費用・報酬額はこちら

サイト内検索(こちらから当サイト内の検索ができます。)

Copyright © 西本社労士・行政書士事務所. All Right Reserved.