HOME労働者派遣業許可TOP政令で定める業務 > ファイリング関係業務(令第4条第1項第6号)

労働者派遣事業(人材派遣業)許可

このページでは、政令で定める業務(専門的26業務)のうちの
「ファイリング関係業務(令第4条第1項第6号)」について解説しています。(旧8号業務)

平成27年9月30日の改正により、「政令で定める業務」についても派遣可能期間は、原則、
3年 が限度となりました。

西本社労士・行政書士事務所では、労働者派遣業許可申請をサポートしております。

兵庫・大阪などで労働者派遣業許可申請をお考えの方、お気軽にご相談下さい!

労働者派遣業許可サポート−対応地域・費用についてはこちら → 労働者派遣事業−対応地域・費用

特定労働者派遣事業主の方へ

平成27年9月30日の労働者派遣法改正で廃止となった特定労働者派遣の「経過措置期間」が 平成30年9月29日 をもって終了となります。
平成30年9月30日以降も派遣業を続ける方は、「労働者派遣事業許可」を取得する必要があります。(許可を取得しなければ、派遣業を続けることはできません。)
期限終了直前には、相当の混雑が予想されます。
労働者派遣事業を続けたい特定労働者派遣事業主の方はお急ぎ下さい!

特定労働者派遣業からの切り替えの要件についてはこちら → 特定労働者派遣業からの切り替えの要件

ファイリング関係業務(令第4条第1項第6号)

政令で定める業務(専門的26業務)のうちの
ファイリング関係業務(令第4条第1項第6号)とは、具体的には次のような業務をいいます。(旧8号業務)

平成27年9月30日の改正により、「政令で定める業務」についても派遣可能期間は、原則、
3年 が限度となりました。

ファイリング関係業務(令第4条第1項第6号)

文書、磁気テープ等のファイリング(能率的な事務処理を図るために総合的かつ系統的な分類に従ってする文書、磁気テープ等の整理(保管を含む。)をいう。以下この号において同じ。)に係る分類の作成又はファイリング(高度の専門的な知識、技術又は経験を必要とするものに限る。)の業務

  文書、図書、新聞、雑誌、帳簿、伝票、カード、ディスク、カタログ、地図、図面、フィル
  ム、磁気テープ、写真、カルテ等についてファイリングの分類の作成又はファイリングを行う
  業務をいいます。
   この場合において、「ファイリング」とは、事務の効率化を図るために、文書等の分類基準を
  作成した上で当該分類基準に従って文書等の整理保管を行う、文書等の整理、保管の組織化、
  能率化の意であり、たとえば、全社的に統一された文書整理規定を作成し、キャビネット等の
  整理用の器具を配置し、この文書整理規定に基づいて文書等の整理、保管を行うことをいう。
   また、「高度の専門的な知識、技術又は経験を必要とするものに限る。」とは、文書等の整理
  のために当該文書等の内容又は整理の方法等について相当程度の知識、技術又は経験を必要と
  するものに限られ、単に機械的な仕分けを行うものではないことをいいます。

  個人の机の周囲の片付けや文書等の番号順の並べ換えの業務はもとより、郵便物を発信元ある
  いは受信先別に仕分けする業務や売上、経理伝票等を取引先別に仕分けする業務等文書等の内容
  や整理の方法等について専門的な知識等を用いることのない業務は含まれません。
 

専門26業務に関する質疑応答集(厚生労働省)

Q1:「ファイリング」とは、どのようなものが該当するのか。

A1:「ファイリング」は、高度の専門的な知識、技術又は経験を利用して、分類基準を作成
  したうえで当該分類に沿って整理保管を行うもの等に限られる。
   具体的には、例えば、書類が大量に発生する事務所において、書類の内容、整理の方法
  についての専門的な知識・技術をもとに、書類の重要度、内容等に応じた保存期間・方法
   を定めた文書管理規定を作成し、この文書管理規程に基づいて書類を分類・整理・保存・
  廃棄することにより、事務所内職員が書類の所在を把握できる仕組みを維持する業務が、
  「ファイリング」に該当する。
   一方で、たとえば、既にある管理規程に基づき、書類の整理を機械的に行っているだけの
  場合や、単に文書を通し番号順に並び替え、それをファイルに綴じるだけの場合、管理者
  の指示により、背表紙を作成しファイルに綴じるだけの場合は、「ファイリング」に該当し
  ない。

Q2:文書管理規程は必ず作成しないといけないのか。また、文書管理規程を作成した派遣労働者
  本人以外を、引き続き労働者派遣するときは、ファイリング関係業務に該当するか。

A2:既に他の者により作成された文書管理規程がある場合であっても、既存の文書管理規程を
  見直しする権限のある業務であれば、既存の文書管理規程を作成したもの以外の者をファ
  イリング関係業務として労働者派遣することは差し支えない。

Q3:図書館の司書として指定に基づき分類作業を行っている場合はファイリング関係業務に該当
  するか。

A3:図書館において規定済みの管理規程の下に分類作業のみを行う場合はファイリング関係業
  務には該当しない。書類の分類規程を派遣労働者自らが作成している場合は該当するが、
  その場合であっても、図書館利用者への図書等の貸与業務等も併せて行っている場合は、
  全体としてファイリング関係業務には該当しない。

 

労働者派遣事業の許可申請をサポートします!

西本社労士・行政書士事務所では、労働者派遣事業の許可申請をサポートしております。

兵庫・大阪などで労働者派遣業許可申請をお考えの方、お気軽にご相談下さい!

労働者派遣事業許可申請−対応地域(本店の所在地)
兵庫県 神戸市(垂水区・須磨区・西区・長田区・中央区・兵庫区・灘区・東灘区・北区)
芦屋市 西宮市 尼崎市 宝塚市 伊丹市 川西市 明石市 三木市 加古川市
姫路市 小野市 三田市 高砂市 稲美町 播磨町 加西市 加東市 西脇市
多可町 神河町 市川町 福崎町 たつの市 太子町など 兵庫県内全域対応可
大阪府 大阪市内など 大阪府内全域対応可

上記以外の地域でも、対応可能な場合がございますので、お気軽にお問い合わせください。
 

労働者派遣事業許可申請

費用・報酬額はこちら

サイト内検索(こちらから当サイト内の検索ができます。)

Copyright © 西本社労士・行政書士事務所. All Right Reserved.